シーズン3,4使用構築 : コケコランド+積み

        f:id:charliepoke:20170720012800p:plainf:id:charliepoke:20170720012807p:plain

f:id:charliepoke:20170720012812p:plainf:id:charliepoke:20170720012818p:plain

  f:id:charliepoke:20170720012823p:plainf:id:charliepoke:20170720012826p:plain

[シーズン3,4使用構築]

 

カプ・コケコ@デンキZ

161-140-106-x-107-200

ワイルドボルト/どくどく/みがわり/はねやすめ

 

霊獣ランドロス@オボンのみ

196-167-111-x-143-112

じしん/がんせきふうじ/とんぼがえり/ステルスロック

 

メタグロス@メタグロスナイト *クリアボディ

175-173-171-x-135-178

アイアンヘッド/じしん/れいとうパンチ/かみなりパンチ

 

ギャラドス@ミズZ *いかく

175-177-101-x-121-139

たきのぼり/じしん/ちょうはつ/りゅうのまい

 

ミミッキュ@ゴーストZ

131-156-100-x-125-148

じゃれつく/シャドークロー/かげうち/つるぎのまい

 

ウルガモス@バンジのみ *ほのおのからだ

185-x-86-156-135-163

ほのおのまい/めざめるパワーこおり/ギガドレイン/ちょうのまい

 

グロスランドの並びを見せることで、相手のサイクル選出(高耐久もしくはタイプ受けのクッション)を誘導し、コケコギャラウルガ等で崩してeasy winを狙いに行く。

ミズZギャラドスはミズZ持ちの候補としては一線級レベルで、他のミズZ有力候補とASを同時に上昇させる積み技がある点で差別化ができている。

実際に、カバルドン@2やテッカグヤギャラドスに投げざるを得ないような相手の構築は挑発を打つことでそのままペースを維持して勝つ対戦が多かった。

重かった構築はバトン、壁だったため、ミミッキュに呪いを採用した型を使用したほうがよかったかもしれない。

 

GWのオフではミミッキュウルガモスギルガルドカプ・テテフのものを使用していた。持ち物はそれぞれハガネZとこだわりスカーフ

 

構築自体はシーズン3の中盤辺りから使用していたが、コケコランドグロスギャラの型はほぼ不動で、個人的には一つのテンプレートだと思うことができた。

シーズン4は全然レートに潜っていないため、構築の実用性は当てにならない。

 

 

[戦績]

2ndVirginCup(124名規模)

予選5位抜け(6-2). ベスト8.

 

[シングルレート]

無し.

 

[引用]

ミズZギャラドスのアイデアを提供していただいた紫苑さんのブログ記事です。問題があれば削除します。

亡霊たちの集会所 シーズン3で駆け抜ける予定だった構築